消費者金融利用

ここに注意しよう

消費者金融から融資を受ける前に、勤めている会社から得ている収入と借りる金額と将来の返済の目途をつけておく必要があります。現在の法律では、お金を借りる金額に関して、収入の三分の一までしか借りる事ができない総量規制がある事を理解しておく事です。また、消費者金融の会社によっては、一回で借りる金額の限度額を設けていて、基本的に収入が多くても消費者金融が定めた限度額を超えて融資を受ける事はできないのです。ただし、銀行などの金融機関から融資を受ける場合は多くのお金を融資する事ができます。事業の運営資金の目的で多くのお金を借りる場合は、事業の融資を対象とした消費者金融の会社に融資の申し込みを行います。いずれも融資を受ける場合は、必ず返済の期限までお金を返す事を肝に銘じておきます。お金を期限日まで返さなかったり、返済日が遅れた場合は、消費者金融によって延滞金や遅延金などの余分なお金を支払う事になる可能性もあります。